2008年10月

先日の

ca9a2bdf.jpg
展示会で見たアンドロイドが動いているボード

NikonのUPを見てきた

先日の発表から気になっていたNikonのUPを見てきた。
昼頃起床した俺は、飯を食って溜まった24をある程度消化してから新宿のニコンサロンへ向かった。表参道の方が規模的に大きく扱っているかもしれなかったが、逆に空いていると読んだのだ。

新宿のエルタワーに到着して28Fに向かう。エレベーターを降りるとニコンのショールームがある。その片隅にコーナーが設けられ、一台のUPが自由に触れるように展示してあった。

早速電源スイッチを見つけて起動、最初右目でディスプレイを見ようとしたが、うまく見えず、どうやら俺の利き目は左のようだ。
左側に変えて装着してみると、画面がよく見える。起動して最初に現れる画面は警告画面だ。運転しながら使うなとか、歩きながら使うときは気をつけろとかよくある注意書きが表示されている。
これを消すにはどうすりゃいいんだ?ディスプレイには右向きの矢印に確認と書いてある。耳元の十字キーに手を当てて、なんとなく右だと思うほうを押下すると、うまく選択されメニュー画面になる。
十字キーの中心にあるジョグダイヤルを回してmoviesを選び、ファイル選び、再生。
ここまでの一連の動作を説明書とかマニュアルとかを見ないで操作することが出来たということは、この機器のインターフェースと俺の相性が悪くないということだろう。
係りの人が近寄ってきたのでいろいろと話を聞いてみる。
まだ初期モデルなので暗中模索のようだが、触った人の評判は悪くないようだ。
とりあえず外部入力用のケーブルを借りてN95と接続してみるが、ビデオ信号がうまく送れていないようで今回は表示は出来なかったが、今後の調整でどう転ぶかは判らないので、ユルイ期待ぐらいは持っていいかもしれない。

出てきたばかりのもので、今後どうなるかはわからないが、これが売れなきゃあとが続かないと考えると、投資的な期待で買ってみるのもいいかもしれない。
まぁ、冬季賞与次第だが…

赤坂

3fc15c43.jpg
見附
プロフィール

hehehe69

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ