2005年03月

新代田二郎

久しぶりに新代田の二郎へ行った。
前回行ったのが暮れの年末休み直前だったので3ヶ月ぶりとなる。
22時半前に店に着き、中を見ると空席がいくつかある。今まで多少なりとも並んでいたので覚悟してたが、正直助かった。
注文は小ダブルに鰹節とうずら。
この醤油の味がなんとも言えん。こんなものを常食していたら途端に体を壊してしまいそうだが、時々は体に異物を取り込みたくなる。けして美味ではないが、時折体が欲する、そんな食い物だ。



案の定、家に帰ったらゴロゴロキタよ…

makoにいれたもの追加

agendaを使っていると、1週間表示は文句ないのだが、1ヵ月表示になるととたんに見辛くなる。そこでMagendaを導入。シンクロするのが面倒だったので、CFをPCに挿し、SISファイルをコピー。それを5mxProに挿してそこから赤外線で転送、インストールとした。これでかなり見やすくなった。取り敢えず今日はここまで。

makoに入れたもの

現時点でmakoに入れたものを記しておく

UniFEPv2
UniFEPv2Updater
LargeDic
SysBack
ChaDis
SoftReset
16Greys
Note
Keyaki

ここまで入れて、残りのディスクスペースは約10MB

mako日本語復活

ようやく、makoの日本語環境を復活させました。
アプリは今のところ基本的なもののみ。まずはバッテリーの慣らしも兼ねて日常に使ってみます。仕事用PDAであるiPaq h1920のリプレイスになるか、乞うご期待。

スマートデバイス寄り合い

滝沢訪問のあと、すぐに隣の秋葉に移動し今月の寄り合いに参加。いつもよりちょっと遅れていくと今回の会場である、村役場は満席気味だった。今年になって過去2回、この店にきたが、これほど人が入っているのははじめてみたような気がする。
席に行くと奥に予告どおり山根御大がすでに会場入りしている。大きな荷物が隣に控えているとこを見ると空港から直行での参加のようだ。また、今回は久しぶりに純新規の参加者があり、ここのところ、面子的にはマンネリだったこの寄り合いに新風が吹いたのである。

今回の主役は、この日香港から密輸入されたこのマシンだ。

87f02253.jpg


そう、Nokia9300である。9500からカメラとWiFiを除き、コンパクトにまとめたものである。

機能縮小版というと廉価版的なものと思うが、これはこれで独立したターゲット層を相手して売るのだと感じる。安いのが欲しい、では無く、WiFiとカメラは必要ない、という層が明らかにいるのであろう。そこがこのモデルのターゲットだ。機能満載、フラッグシップとしての9500の魅力的だが、単に9210のリプレイスとして考えるのなら、よりコンパクトになったこのモデルが最適でしょう。キータッチにやや難有りだが好みの問題と慣れと努力で乗り越えられるとおもう。また、デザイン的にヒンジ部が気になるが強度な問題やら何やらであの形なので目をつぶるしかないでしょう。

f3c72ea3.jpg

閉じたときの大きさはNokia6650と同じぐらい。

revoとの比較

752a8e13.jpg


現在、revoを使っている人なら9500でも9300でもよりコンパクトになる。

横型のキーボード付端末としてはかなり魅力的だ。

b9143936.jpg

9500との比較

モノ主体の話から我々の集まりの意義についても話題が及んだ。この会はもともとユーザーの少ないPsionユーザーの情報交換の場としてあったのだが、最近ではPsion自体のディスコンもあって中心となるものが希薄になっていた。しかし50回を超える会合を行えてきたのは何故かというとそこに参加者の共通の感覚のようなものがあったように思える。Psionに魅かれた人たちのもつ緩やかな感覚があったからこその寄り合いだったように思える。

では、今後どんなものが我々を繋いでいくのだろうか?

そのひとつがSeires60をはじめとするSymbian OSの系譜なのだろうか。
プロフィール

hehehe69

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ